糖尿病の予防|糖尿病大全

大事な糖尿病予防

糖尿に一度かかってしまったら一生付き合っていかなくてはいけません。それが何歳から始まったことでも、完治することは難しい病気です。
そのため、糖尿病にならないように気をつけておくのが最善方法となります。運動はいくらしても大丈夫です。
活動的になって体を積極的に動かすようにしましょう。最低でも30分歩くようにしておくと糖尿病の予防ができます。
1日だけで満足せずに、継続していくようにしてください。慣れてきたら走ってみるのも糖尿病には最適な予防運動です。
アルコールやタバコはやめておくほうが望ましいでしょう。体内に活性酸素を増やし、血管の状態を悪くする糖尿病は、悪化させる可能性が高い嗜好品は禁物です。ストレスを感じると摂取してしまいますから、違うことで発散させるようにしてください。
肥満の人も糖尿病になる可能性はとても高くなります。コレステロールや脂質を増やさないために食事は低カロリーにしておきましょう。
タンパク質やミネラル、炭水化物も適量にしておくのが糖尿病の予防です。食物繊維を多く含んでいる野菜は毎日少しでも食べるようにしてください。
食べすぎてしまうと、脂肪が増え糖尿病を引き起こしてしまいます。一見健康に見える糖尿病患者の場合には、普段の生活がとても重要といえます

 

肥満と糖尿病の関係

肥満は病気を引き起こすもっとも大きな原因になっているといえます。そして、糖尿病を発症する危険性も肥満が高い割合を占めています。
肥満の場合には糖尿病治療を始めても効果が出にくいとされています。高くなっている血糖値をインスリンによって下げていきますが、肥満になっていると血糖値が下がることを期待できないからです。
エネルギー源となっている脂肪細胞がありますが、この細胞がインスリンによる血糖値低下を邪魔しているからです。肥満の人は脂肪細胞が多すぎて血糖値が高いままになってしまいます。
糖尿病だけではありません。肥満になっていることで治療効果が出ないことに加えて、高血圧、動脈硬化、心筋梗塞といった病気の原因にもなります。
食事療法や運動療法によって減量していかないと、大変危険な状態になります。合併症になる可能性も高くなります。
肥満からくる病気はたくさんあります。糖尿病を予防するためにも、肥満にならないように気をつけなくてはいけません。
血糖値を下げて糖尿病を改善していく時には、肥満が大敵です。やせるためにはアルコールを控えめにし、糖尿病を悪化させてしまうタバコもやめたほうがいいでしょう。
健康的な生活で肥満を防止して、糖尿病にはならない注意が必要です。